旅館という美しい世界 石井建築事務所 リフォーム・改築・改修・設備投資等

トップページへ戻る

エントランス

静謐なる季をもとめて

登別温泉郷 滝乃家

滝乃家は、ビル化した大型ホテルが立並ぶ登別温泉街のほぼ中央に立地しています。近代的でありながら、勾配屋根や庇を配した外観としたのは落着きある老舗旅館の再生を意図したため。敷地周囲を流れるクスリサンペツ川は温泉街の喧騒との結界であり、宿泊客はこの川に架かる人道橋を渡り、車寄せを兼ねた「つたい」をゆっくりと回遊することより旅館の玄関に到着します。四季折々の美しい森林や庭園など、ロビーや客室、浴室など各施設の大きな窓には、美しい北海道の自然以外視界に入らぬよう、あえて温泉街に背を向け建物を配置。豊富な温泉量を活かした露天風呂や展望露天風呂は、四季の美しさを間近に感じます。インテリアは、客室のフローリングに無垢の道産材(唐松)を使用するなど天然素材にこだわり、自然と一体化した静謐なる季を感ずる旅館を目指しています。

Takino-ya
It  is almost located at the center about the hot spring of Noboribetsu street lines with a large-scale hotel.
The purpose of assuming externals to which the inclination roof and eaves are distributed though it is modern is to intend the reproduction of a long-established inn that is settled and comes.
Guests are the boundaries with the clamor of the hot spring street the [Kusurisanpetsu] river that flows in the site surroundings, and arrive from crossing the [Jindo]bridge laid in this river, and the slow wandering of “Extending passage” that combines the porte cochere at the door in the inn.

Do the turn one’s back to to the  traditional hot spring street, and it faces a beautiful forest and the garden.
So as not to come into sight excluding nature in magnificent Hokkaido, a big window of each facilities such as the lobby, guest rooms, and bathrooms is arranged.
It is the enjoyment only of the staying stay that trys a lot of bathrooms that made the best use of abundant amounts of the hot spring.

The serene silence that integrates naturally aims at the inn where the becoming it change of the season can be felt.

principal use : ryokan
Construction Type : build
building site : Noboribetsu/Hokkaido
completion date : 2008.08
total floor area : 5500sqm
facilities : 30guest rooms,bar,rounge,restaurant,outdoor bath,nice view bathroom,a beauty-treatment salon

所在地  北海道登別市
竣工日  2008年8月
工事種別  新築
施設規模  1,665坪(5,500.㎡)
客室数  30室
付帯施設  ラウンジ、バー、ダイニング、露天+大浴室、展望浴室、エステルーム

日本庭園に溶け込む露天風呂


和室


洋室


洋室バスルーム


ラウンジ


展望露天風呂

石井建築事務所 メインサイトへ
ホテル・旅館のリノベーション スペシャルサイトへ